SPF,PAとは?日焼け止めの正しい選び方。肌別タイプ別おすすめ商品【プチプラ厳選10選】

ALL

日焼け止めのパッケージに書いてあるSPFやPAの意味、内容成分を理解して、自分にぴったりの日焼け止めを選びましょう。また、落としやすく毎日使用しやすい商品、絶対焼けたくない日に使用すべき商品、成分が優しく赤ちゃんにも使用できる商品など、用途に合わせ、厳選したオススメの商品をご紹介します。

紫外線の種類

紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)があります。A波はシワ、たるみの原因となり、B波はシミ、そばかす、皮膚がんの原因にもなるともいわれています。

紫外線の90%はA波で、A波は肌の奥の真皮層にまで到達します。A波が真皮層まで到達するとコラーゲンやエラスチンを破壊するので、ハリや弾力がなくなり老化を促します。A波は家の中にいても届いてしまうので、家にずっといる日でもUVケアをする必要があります。

A波(UVA)B波(UVB)
直後の症状黒くなる
表皮が厚くなり、皮がむける
B波の反応を増強させる
赤くなる
炎症、水疱が起きる
表皮が厚くなり、皮がむける
DNAの損傷
後々出る可能性のある症状シワ、たるみシミ、そばかす、皮膚がん
反応が出るまでの時間2.3日後1時間以内に赤みを帯び始める
届く範囲波長が長く、ガラスや雲も透過するため
家の中や曇りの日でも日焼けする
皮膚の真皮層まで届いてしまう
波長が短く、遠くまで届かない
主に太陽の下にいる時に日焼けする

SPFとPAの違い?

紫外線A波をブロックするのが「PA」、B波をブロックするのが「SPF」。

PAは黒くなる日焼けを防ぐ

PAは紫外線A波をブロックします。日焼け後、時間が経って皮膚が黒くなってしまうタイプの方はPAが高めの商品を選ぶと良いでしょう。PAの効果の値は「+」の数で表示されています。最も効果の高い商品は「++++」と「+」が4つで表示されています。紫外線A波は年中降り注いでいるので、PAを含む日焼け止めは年中塗る必要があります。普段のスキンケアでどんなに高い美容液を使っていたとしても、しっかり日焼け止めを塗っていないとシワ、たるみが進行してしまうので、UVケアは一年中必須のスキンケアになります。

SPFは赤くなる日焼けを防ぐ

SPFは紫外線B波をブロックします。紫外線のB波は肌表面に短時間でダメージを与えます。日焼けした直後に皮膚が赤くなってしまうタイプの方はSPFの値をよく見るようにしましょう。SPFの効果の値は数字で表示されています。数値の高さは日焼け止め効果の高さを示す訳ではなく、B波をブロックできる時間の長さを示しています。つまり数値が高ければ高いほどB波を長時間ブロックできるという訳です。昔や、海外製品だとSPF100などと書いてある商品もありましたが、SPF50のものでも16時間以上という十分な時間ブロックできるため、SPFは50以上である必要がありません。よって現在、SPF効果が最長の商品はSPF50となります。B波は4月~9月に特に強くなるのでSPFを含む日焼け止めは日差しの厳しくなる季節にしっかりと塗っておくとよいでしょう。

つまりSPF50 PA++++の日焼け止めを選ぶと最強?

結論から言うと、「SPF50」「PA++++」の商品は日焼け止め効果が高いと言えます。しかしながら、日焼け止め効果の高い商品ほど日焼け止め成分である紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の含有量が多くなる為、塗った際のゴワつきが出やすく、オフしにくくなります。また、紫外線吸収剤が使用されている商品は、肌への負担が大きく、皮膚トラブルを引き起こすこともあるので、内容成分を見て自分に合った商品を選択必要があります。特に敏感肌の方、お子様への使用は注意が必要です。

ケミカル、ノンケミカルとは?日焼け止めの内容成分を知ろう

日焼け止めに「ノンケミカル」と書いてある商品を見たことがあるかもしれませんが、「ケミカル」と「ノンケミカル」の違いは紫外線吸収剤が入っているか、いないかの違いとなります。

  • 紫外線吸収剤が入っているもの   → ケミカル
  • 紫外線吸収剤が入っていないもの  → ノンケミカル
「ノンケミカル」と記載されている商品は紫外線吸収剤は入っていませんが、日焼け止め成分以外の成分でケミカルな成分が使用されている可能性もあります。

紫外線吸収剤とは:オキシベンゾン、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなど

  • メリット

塗った際に白浮きしにくく、日焼け止め効果が高い

  • デメリット

皮膚トラブルを引き起こす可能性がある

SPF50 PA++++などの日焼け止め効果の高い商品に使用されている成分。紫外線を吸収させ、化学反応を起こし、熱エネルギーへ変換することで日焼けの影響を防ぐ。皮膚上で化学反応が起こる過程で、乾燥やかゆみ、アレルギー反応、炎症を引き起こすこともある。ニキビのある部分へ塗布するとニキビが悪化することもあるので注意が必要です。

紫外線吸収剤へ対する世界の動き

2019年アメリカの医師会では「紫外線吸収剤を含む日焼け止めを使用すると、紫外線吸収剤が血液まで浸透する」という研究結果を発表しました。血中に入り込んだ紫外線吸収剤が、体内へどんな影響を与えるのかは現在のところまだ不明。不安があればお子様などへの使用を控えたりなど自己判断をしても良いかもしれません。
また日焼け止めに含まれる一部の紫外線吸収剤が海を汚染し、サンゴ礁のDNAを傷つけ、また死滅させるという研究論文が発表されたことから、パラオでは特定の成分が含まれる日焼け止めの使用、販売、輸入が不可となり、観光客が持ち込んだ場合没収されます。同様な理由から、ハワイでは2021年からオキシベンゾン、オクチノキサートという紫外線吸収剤を含む日焼け止めの販売が禁止されます。

紫外線散乱剤とは(酸化チタン、酸化亜鉛など)

  • メリット

比較的安全性が高い

  • デメリット

白浮きしやすい、若干高価

SPFやPAが低めのものに使用されている。紫外線を吸収させず、皮膚の上で紫外線を反射させて日焼けの影響を防ぐ。原料となる酸化チタン、酸化亜鉛などのコストが高いため、紫外線散乱剤メインの日焼け止めは高くなりがち。日焼け止め効果は酸化チタン>酸化亜鉛だが、酸化チタンは白浮きしやすい。また肌へ塗った際にゴワゴワとした感触になりやすい。ごくまれに金属アレルギーの反応が出る方もいる。肌への刺激は少ないため、敏感肌の方、お子様へ塗る場合は紫外線散乱剤のみの日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

大手メーカーのSPF表示の方が信憑性がある

大手メーカーでない日焼け止めのSPF表示の中には、正確な数字でない商品も多く存在するようです。通常、大手メーカーだと製造から検査まで自社でできますが、中小企業だと、SPFがどれくらいあるかの検査は外部の業者へ委託することが多く、海外の検査業者を利用する中小企業もあります。日本の中小企業もよく利用している米国の検査業者で、最近SPF検査の不正があり問題となりました。その試験機関でSPF50とされた商品を再検査したところ、SPF30しかなかった商品もあったそうです。他にも、他より高いSPF数値を出すと謳って営業する国内検査業者もあるらしいので、表示の信憑性を考慮すると、大手メーカーの商品の方が安心できるでしょう。

肌タイプ別おすすめ商品10選

肌質や、求めるものによってどのような表示のものを買うべきかまとめました。

赤ちゃんアトピー、敏感肌毎日全身に使用できるものメイク下地として、日焼け止め力重視
ノンケミカル
無香料
無着色
アルコールフリー
ウォータープルーフ
石鹸でオフ
ケミカル
お肌が弱い方、敏感肌、アトピーの方
・ノンケミカル、無香料、無着色、アルコールフリー
こども、赤ちゃん
・ノンケミカル、無香料、無着色、アルコールフリー、石鹸で落とせる
絶対に焼けたくない方
・ウォータープルーフ、ケミカル
メイク下地としての使用
・ウォータープルーフ、ケミカル
塗ってすぐ美白へ見せたい
・トーンアップ系

お肌への負担が少なく、オフもしやすい、デイリー使いに向いている日焼け止め

肌への負担を考えるとノンケミカル(紫外線散乱剤のみ使用)SPFは30程度のものが良いとされています。また、カラダにまでクレンジングを毎日使用するのも大変なので、石鹸でもオフできるタイプの日焼け止めを選びましょう。SPF30でノンケミカルでも、3時間に1度程度塗り直しをすると日焼け止め効果が高いまま持続します。

花王 ニベアSUN プロテクトウォーターマイルド SPF50 PA+++ 30g¥580 

紫外線散乱剤メインの日焼け止めにしてはのびが良い。メイク落としが推奨されているが、洗浄力が強い洗顔料やボディソープでしっかり洗えば落とせます。

赤ちゃんにも使用できる優しい日焼け止め

オルビス サンスクリーンフリーエンス SPF30 PA+++ 50g¥1,200 

チタンがメインなので、白浮きはしやすいが、ウォーターベースでいつもの洗浄料で簡単に落とせる。アレルギーテスト済。幼児連用試験済なので赤ちゃんや、こどもへの使用にも向いている。

敏感肌、アトピー、ニキビ肌の方でも安心して使用できる

アトピーやニキビ肌の方は炎症が起きやすいのでケミカル(紫外線吸収剤入り)の日焼け止めを使用すると、更なる炎症を引き起こす可能性があるので避けましょう。下記2商品は紫外線散乱剤のみでノンケミカル、また抗炎症成分も含まれるので、炎症が起きやすい肌質の人はこれ一択とも言える位、おすすめな優しい成分の日焼け止めです。


キュレル UVエッセンスSPF30 PA+++ 50g¥1,500

成分が優しい。グリチルリチン酸という抗炎症成分が含まれていて、皮膚炎やアレルギーによる炎症を抑える作用もある。紫外線による色素沈着の抑制、改善を促す。ベタつきが少ない。敏感肌パッチテスト済のため敏感肌の方の使用にも向いている。オフも石鹸で簡単にできます。

キュレル UVローションSPF50 PA+++ 60g¥1,500 

上の商品より日焼け止め効果が高く、シリコンベースなので塗りやすく感触が良い。若干落としにくいのでクレンジング剤を使用するとよいでしょう。

長時間外にいる日に使用したい!絶対焼けたくない日の日焼け止め

長時間外へいる日、そこまで日焼け止めの塗り直しが出来なさそうな日、ビーチへ行く時などは日焼け止め効果の高い、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用しましょう。おすすめの日焼け止めは下記商品となります。実は、美白意識が世界一高いとも言われる、美容大国韓国での一番人気の日焼け止め商品は「アネッサ」です。もちろんUVケア商品は韓国メーカーの商品も山ほどありますが、「焼けないのに塗った時に白浮きしない」ということで、日本の日焼け止めは人気があります。

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク SPF50+ PA+++++ 20ml ¥1,200/60ml ¥3,000

塗った時の感触もサラサラで心地よい。白浮きもしにくく、日焼け止め効果と落ちにくさはピカイチ。 ウォータープルーフなので、帰宅後は日焼け止めを塗布した部分のクレンジングをお忘れなく。

塗った瞬間から美白に!トーンアップ系日焼け止め

塗った瞬間から、元から肌が色白みたいに見えちゃう、ここ数年流行っているトーンアップ系の日焼け止め。ラベンダーカラーのものが多いです。でもこれ、ちょっと要注意なのですが、ラベンダーカラーの日焼け止めは元々ある程度肌が白く、ブルーベース(青・赤みがかった肌)の方が塗るときれいにトーンアップしますが、イエローベース(黄色がかった肌)の方、自黒のが塗ると、白浮きし、顔色が悪く見えてしまいます。ということで、お肌のベースカラーに合わせた商品をおすすめします。

ブルーベース

ロート製薬 スキンアクアトーンアップUVエッセンス SPF50+ PA++++ 80g ¥740

若干べたつきはあるが、のびがよく、石鹸でも落とせる。

イエローベース

アリー(ALLIE) ニュアンスチェンジUV ジェル SPF50+ PA++++ 60g ¥1,800

ツヤ感もアップする。化粧下地としても使用しやすい。スーパーウォータープルーフなので塗った部分のクレンジングはお忘れなく。

手軽に塗れるスプレータイプ

スプレータイプは両手につかずに塗り広げられ便利な一面、塗りムラが出やすくなります。また顔には使用できません。普通の日焼け止めを塗った後、出先で追加で塗る時などに使用しましょう。

Koh Gen Do クリアUVヴェールSPF50+ PA++++ 60g ¥2,530(税込)
スプレータイプでノンケミカル、そしてある程度大手で安心できる商品となるとこちら一択です。Koh Gen Do(江原道)のクリアUVヴェールはSPF50+PA++++と防御力高め。しかもウォータープルーフなのでレジャーなどの利用も便利です。

後のせUVケア!パウダータイプ

日焼け止めの日焼け止め効果を維持するためには2.3時間毎に塗り直すのがベストですが、メイクをしている顔は塗り直すのが難しいですよね。そんな時に楽なのがパウダータイプ。メイクの上からポンポンはたくだけでUV効果を保てます。パウダーはお好みあると思うので、ルースパウダーと、プレストタイプと2つご紹介します。SPFやPAの数値が高かったとしても、パウダーは落ちやすく、薄づきなので、パウダーのみでのUVケアだと防御しきれません。必ず通常の日焼け止めをベースに塗った後、使用してください。

プレストパウダー

【医薬部外品】第一三共 トランシーノ薬用UVパウダー SPF50PA++++ 12g ¥3,000(税抜)
第一三共のしみケア研究から生まれたトランシーノ 薬用UVパウダー。SPF50 PA++++なのも嬉しい。内容成分に抗炎症作用もあります。プレストパウダーなので多少カバー力もあり、お化粧直しとしても有能、そして崩れにくい。出先での追いUVケアにはもってこいの商品です。

ルースパウダー

Dr.シーラボドクターシーラボ エンリッチリフトUVパウダーEX50+ SPF50+ PA++++ 3.5g ¥2,500(定価)
Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) エンリッチリフトUVパウダー50はSPF50+/PA++++でブルーライトや近赤外線もガードしてくれます。敏感肌の方にも使いやすい成分となっています。

日焼け止めの効果を十分に発揮する塗り方

日焼け止めは、適性の量を塗らないと日焼け止め効果が発揮されません。通常、お顔だと0.7gが適正量とされていて、おそらく皆さんがイメージしている量よりは多めに感じると思います。スポンジに浸透する量も考慮すると、30gの日焼け止めなら1か月で使い切る量を目指します。塗り方のポイントとしてはスポンジ使用し、上から肌をポンポン叩き込むようにすると、皮膚への摩擦もなく塗布でき、白浮きしにくくなります。また、全体を塗り終わってから、Tゾーン、Cゾーンなど出っ張ていて日焼けをしやすい部分に、もう一度重ねて塗っていくと良いでしょう。ファンデーションを塗るときは、日焼け止めを塗った直後にファンデーションを塗ってしまうとヨレやすくなるので、日焼け止めを塗ってから30分程度時間をおくと、日焼け止めが肌へ馴染んで、ファンデーションを重ねてもヨレにくくなります。SPFの効果は時間とともに無くなっていきます。また日焼け止めが汗で流れると当然ながら効果がなくなってしまうので、長時間外へ出ている場合は3時間ごとに、こまめに塗りなおす必要があります。

オフの仕方

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、基本的にメイクのクレンジング剤を使用しないと完全にオフできません。カラダへ塗った場合、その塗った部位も全てメイククレンジング剤を使用し、落としきる必要があります。完全に落としきれないままでいると、肌荒れや、ゴワつきなど肌の劣化につながります。

日焼け止めは用途に合わせて使い分けるもの

肌質やその日の外を歩く時間などを考慮し、ウォータープルーフの日焼け止め、お肌に優しい日焼け止めなど、日によって使用する日焼け止めを変えていくと、お肌への負担も少なく、美白へ近づけます。UVケアは老化防止にも繋がるので年中徹底してケアしていきましょう。